Menu

News

2022年06月13日

【報道資料】行政の広報活動を後押し!公的機関向け広報支援プラットフォームの実証実験を実施します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      行政情報と民間企業の情報ミスマッチをなくせ!
   公的機関向けに特化した広報支援プラットフォームの実証実験

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 大阪産業局では、IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラムとして、
株式会社クラウドシエンによる「公的機関向け広報支援プラットフォームの検証」を、
令和4年6月13日(月)から令和5年3月17日(金)まで実施します。

 行政サービスの案内や官民連携による行政課題解決に向けた公募など、自治体では
様々な形で広報活動を行っています。しかし、情報発信は自治体ごととなっており、
民間企業にとっては情報を見つけることが難しいのが現状です。

 本件は、そうした情報受発信におけるミスマッチを解決するために開発された
公的機関向け広報支援プラットフォーム「ローカルハブ」の検証を目的に実施します。

 実証実験では、ソフト産業プラザTEQSで実施している「5G X LAB OSAKA」と
「IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム」を対象に、「ローカルハブ」に
掲載することによる申込数の定量検証などを行います。

 なお、実証実験では、同社がすでに運営している補助金マッチングサービス
「Crowdsien」と連携し、そのサービスへの登録企業を対象に広報を行います。

 今後、同社では今回の検証結果を踏まえ、2022年度中のサービス化をめざします。

 AIDORエクスペリメンテーションでは、今後も引き続き、全国から実証実験を
募集しています。そして、「未来社会の実験場」をコンセプトとする2025年の
大阪・関西万博に向けて、実証実験支援の取組を積み重ね、大阪における新たな
ビジネス創出に取り組んでまいります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

概要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<実施名称>
公的機関向け広報支援プラットフォームの検証

<実施主体>
株式会社クラウドシエン(CEO&Founder:神原 翔吾)
所在地:広島県広島市中区宝町8-26 3F
行政情報プラットフォーム事業やメディア事業などを展開し、
補助金マッチングサービス「Crowdsien」などを運営しています。

<実施内容>
開発中の公的機関向け広報支援サイト「ローカルハブ」に
「5G X LAB OSAKA」と「IoT・ロボットビジネス実証実験支援事業」の
情報を掲載し、申込数の増加や問い合わせ数を定量的に計測します。
検証に当たっては定期的に訴求内容の変更を行うなど、最適な掲載内容に
ついても検討していきます。
また、ソフト産業プラザTEQSの広報担当者にヒアリングを行い、利便性や
改善点などを定性的に評価します。

<検証項目>
○申込数の定量検証
ローカルハブを用いて広報支援を行うことで応募が増えるかの
定量検証を行います。

○UI・UXの検証
今後BtoGSaaS(注1)として公的機関向けに販売を行ううえで、
使いやすさなどUI・UX(注2)の仕様策定に向けた定性的な検証。

(注1)BtoG SaaS
行政機関向けに提供されるインターネット経由で提供されるソフトウェアサービス。
(注2)UI・UX
UI:User Interface(ユーザーインターフェイス)の略称で、ユーザーと
サービス等をつなぐ接点のこと。
UX:User Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略称で、サービスを
通して得られる体験のこと。

<実施期間>
令和4年6月13日(月)から令和5年3月17日(金)まで

<検証を行うウェブページのURL>
https://localhub.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【参考】
<5G X LAB OSAKA>
大阪市とソフトバンク株式会社、公益財団法人大阪産業局、一般社団法人
i-RooBO Network Forumが官民連携により立ち上げた5Gビジネスの
技術&ビジネスサポート拠点です。詳しくは、5G X LAB OSAKAのホームページ
( https://teqs.jp/5gxlab )をご覧ください。

<IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDORエクスペリメンテーション」>
大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」と大阪舞洲の
スポーツ施設を実証フィールドとして実施する、開発・改良に必要な実証実験の
支援プログラムです。詳しくは、AIDORエクスペリメンテーションのホームページ
https://teqs.jp/experimentation )をご覧ください。

<ソフト産業プラザTEQS>
大阪市が設置する、IoTやAIなどの先端テクノロジーを活用した製品・サービスの
開発を行う中小企業を支援する施設です。公益財団法人大阪産業局が運営。
詳しくは、ソフト産業プラザTEQSのホームページ
https://teqs.jp )をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<本件に関する問合せ先>

ソフト産業プラザTEQS(公益財団法人大阪産業局)
担当 下地・藤井

TEL 06-6615-1000(10時から18時まで、土曜日・日曜日・祝日除く)
MAIL. office@teqs.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このメールは、大阪産業創造館、大阪イノベーションハブなどを運営する
公益財団法人大阪産業局が、新規事業などのニュースを
お世話になっている報道関係者の方々にお届けするプレスリリースです。
ご不明な点、ご意見などございましたらお知らせください。

※当財団からのリリース一覧 https://www.obda.or.jp/press-release
※本件は、大阪市政記者クラブ、大阪経済記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブで
同日同時刻に同様の内容で発表しています。