Menu

本年度の募集は終了致しました。ご応募ありがとうございました。 5G新サービスで生産性向上や効率化を実現!製品・サービスの導入費用を補助します
さまざまな分野で活用できます

競争環境の激化や人手不足などにより、今まで以上の生産性や
顧客体験価値の向上が問われる時代となってきました。
そうした課題解決で注目を集めるのが、第5世代移動通信システム(5G)です。

5Gの特徴は、高速・大容量/低遅延/同時多接続です。
DXツールやIoT機器には通信が必須となりますが、
これら5Gの機能を使うことで、これまでにない新しい製品・サービスが生み出され、
製造業や建設業、物流、農業など幅広い分野で
革新をもたらしていくことが予想されています。

そこで、5G導入トライアル補助金では、5Gを活用した
製品・サービスを導入する費用の一部を補助することで、
業務効率化や生産性向上などの取り組みをサポートします。

5Gを活用した新たな製品・サービスを導入して
業務の効率化、生産性向上などに取り組む事業のご応募をお待ちしています。





補助金活用例

5G新サービスで生産性向上や効率化を実現!製品・サービスの導入費用を補助します

応募要項

<名称>

5G導入トライアル補助金

<補助限度額>

上限 200万円(補助率:2分の1)
対象経費:機器購入費、リース費、設置・調整費、サービス等の使用料、等

<補助件数>

5件程度

<補助対象事業>

以下の要件のいずれにも該当するもの。
①5Gを活用した新しい製品やサービスを導入することで業務の効率化やスマート化の推進、生産性の向上等が見込まれる事業。
②期間内に機器の設置や調整、サービスを利用するための環境整備等を完了する事業。または、その試験運用を開始する事業。
※5Gの通信環境が確保できない場合は4Gでの暫定運用も対象となります。
③国等の他の補助金の交付決定を受けていないこと。

<補助対象経費>

機器購入費、リース費、設置・調整費、サービス等の使用料、等

<補助対象者>

申請時において実質的に事業を行っている事業所が大阪市内にある中小企業者等

<導入場所>

導入(利用)する場所や地域に関する条件はありません。

<審査基準>

導入効果 生産性向上、業務効率化、スマート化などの効果が見込まれること
妥当性 購入先選定の適切さ、活用方法と導入製品の適合性
実現性 目標の実現に向けた社内体制などが整っているか
革新性 他社においても導入されるような先行事例と成り得るか

<募集期間>

令和4年7月4日(月)〜8月31日(水)

<その他>

申請にあたっては、交付要綱および募集要領をよくお読みください。
導入サービスの選定でお困りの場合は事務局までご相談ください。

FAQ



  • Q どんな製品・サービスが自社に合うのか分かりません。
    A 事務局にご相談ください。ご希望をお聞きしてご相談内容に近い事例をご紹介致します。
  • Q 導入を予定している場所ではまだ5Gを利用できませんが申請は可能でしょうか。
    A 通信環境により5Gを利用できない場合は、4G回線での運用も補助対象になります。
    ただし、5Gが利用できるようになった場合は切り替えていただく必要があります。
  • Q 5Gの通信費用は補助対象になりますか。
    A 補助対象期間に使用し、支払いが完了した費用が対象になります。
  • Q 導入を検討しているシステムにパソコンやタブレットが含まれていますが、補助対象になりますか。
    A システムの構成上不可欠かつ申請される事業にのみ使用する予定である場合は補助対象になります。

問い合わせフォーム

*・・・必須項目

◆お名前*


◆会社名*


◆電話番号*


◆メールアドレス*


◆お問合せ内容 *


◆個人情報保護方針の同意*
 公益財団法人大阪産業局 個人情報保護方針
同意する

事務局

公益財団法人大阪産業局(ソフト産業プラザTEQS)
TEL.06-6615-1000 Mail. 5ghojyo@teqs.jp