Menu
プログラム概要

IoTビジネスに特化した約4か月のビジネス創出プログラム

約4ヶ月間でアイデアを形にするために、IoTの基礎知識習得からビジネスプラン構築、プレゼンテーション研修まで一気通貫で実施するのが本カリキュラムの特徴です。 座学でみっちりとIoTの技術を学びながら、ワークショップを通じてビジネスモデルを固めます。 そして、様々な分野で活躍しているメンタリングでビジネスモデルをブラッシュアップ。 成果発表の場として、デモデイでVCや大手企業の新規事業担当者の前でプレゼンをしていただきます。

募集期間

2019年5月15日(水)~ 7月8日(月)
大きな市場で活躍することを期待する起業家
および、おもしろいアイデアをお持ちのみなさまのご応募をお待ちしております。

参加対象

・IoT・ロボットテクノロジーを活用したビジネスで、起業をめざしている方
・社内でIoT・ロボットテクノロジーを活用したサービスの新規事業立ち上げをめざしている方

これまでの卒業生一覧分野
コミュニケーションロボット、AI、AR、VR、MR、FA、災害、保育、工場、介護、農業、ガス、建築、書道、採用、HR、飲食、広告、自転車シェアリング、ヘルスケアなど多彩な分野のアイデアを持った方がこれまでに参加し、ビジネス化

5つの価値

ソフト産業プラザ TEQSの3Dプリンターなどプロトタイプを作るための設備を利用可能。また、ワークショップなどで専門家がプロトタイプ製作をサポートします。

IoT・ロボットサービスに精通している専門コーディネーターが継続的に面談を行い、課題を共に整理しプロジェクトを推し進める。

IoT、ロボット、コンテンツ分野など、第一線で活躍するメンター陣(メンター一覧にリンク)が、ビジネスのブラッシュアップをサポート。 ソフト産業プラザ TEQSに入居している先輩起業家や、プログラム卒業生でサービスインしている起業家と交流することで、起業に関する情報や知識が得られ、人的ネットワークも広がります。

プログラム終了後、プロジェクトサポートで、継続サポート。プロジェクトサポーターと個別メンタリングなどが可能。

起業準備ができたらソフト産業プラザ TEQSのインキュベーションへ入居し(審査有り)、入居後は、ビジネスを拡大・成長させるためのサポートを受けることができます。


プログラム各日程

    基礎知識講座

  • IoT・RT概論
    IoT・ロボットの技術とビジネスの最新事例を学ぶ。
    一般社団法人i-RooBO Network Forum 宮下 敬宏
    7月17日(水)18:00~21:00
  • ハードウェア編
    複数センサを取り付けたIoTデバイスの仕組みを学び、ハンズオンで試作体験。
    株式会社プレンプロジェクト 高瀬 和之 氏
    7月24日(水)18:00~21:00
  • クラウド編
    クラウド上でのIoTデバイスからのデータの取得・蓄積をハンズオンで体験。
    株式会社プレンプロジェクト 高瀬 和之 氏
    7月31日(水)18:00~21:00
  • データ解析編
    データ活用事例の紹介を通して、データ解析の基礎知識や手法を学ぶ。
    株式会社KSKアナリティクス 森本 好映 氏
    8月21日(水)18:00~21:00
  • ファイナンス戦略編
    ファイナンスについての考え方、資本政策を学ぶ。
    8月28日(水)18:00~21:00
    株式会社プルータス・コンサルティング 中川 卓也 氏
  • 実践ワークショップ

  • ビジネスの組み立て方
    5W2Hで自身のアイデアを整理し、ビジネスの組み立て方を学ぶ
    7月13日(土)
    BCC株式会社 伊藤 一彦 氏
  • ビジネスデザイン ワークショップ
    自身の事業アイデアを整理し、ユーザヒアリング手法を学ぶ。
    7月27日(土)-28日(日)10:00-18:00
    株式会社mct 白根 英昭 氏
  • ビジネス検証ワークショップ(合宿)
    アイデアの仮説を検証するためにユーザヒアリングの手法を学ぶ。
    8月24日(土)-25日(日)
    株式会社mct 白根 英昭 氏
  • エグゼクティブサマリー 概論
    アイデアからビジネスへの具体化に向け、簡易版事業計画書に落とし込む。
    8月31日(土)
    大阪産業創造館 岡島 卓也 氏
  • プレゼンテーション研修
    プレゼン技術を学びながら、自身のビジネスモデルをブラッシュアップ。
    9月29日(日)10:00-18:00
  • メンタリング
    様々な分野で活躍するメンターによるアドバイスを受け、ビジネス化を促進。
    9月23日(月)11月4日(月)12月8日(日)
  • デモデイ
    投資家や協業パートナー候補とのマッチングの場として成果発表。
    2020年2月末(予定)

参加の流れ

エントリーシートを提出*所定用紙にご入力いただき、事務局にメールでお送りいただきます。 なお、エントリーシートのダウンロード先と、メールの送信先は、エントリー後、返信メールにてご案内いたします。 ※手動送信になるため、タイムラグが発生しますこと、ご了承ください。
面談専門コーディネーターにビジネスアイデアについてお話いただきます。
受講の可否のご連絡面談でビジネスアイデアをお聞きした後、受講の可否を事務局よりご連絡いたします。 ※プログラムの運営上、応募多数の場合は、面談後に選考させていただく場合がございます。
プログラムスタート

FAQ

Q. アイデアを取られませんか?
A. プログラム受講にあたり、守秘義務契約書に署名いただきます。
プログラム中の全てのプロジェクトの知的財産権等は、参加者に帰属します。
応募アイデアは、許諾なく公開することはありません。
詳しくはエントリーシートと併せてお送りしますのでご覧ください。

Q. 大阪市、大阪府以外でも参加できますか?
A. 参加できます。
卒業生の中には遠方より参加いただいた方もおられます。

Q. 既にプロトタイプがありますが、参加できますか?
A. 参加できます。

Q. たくさん応募できますか?
A. エントリーシートに複数記入いただいてかまいませんが、
プログラム開始時には、アイデアを1つに絞って参加いただきます。
(プログラム参加中に、事業アイデアをピボット、変更しても問題ございません。)

プログラム受講料

50,000円(学生25,000円)、チーム参加25,000円/1人
  • 参加資格
  • 下記のすべての条件を満たしていること
    ・IoT・ロボットテクノロジーなどを活用したビジネスプランもしくはビジネスアイデアを保有していること
    ・パソコンの基本操作、Officeソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)による データ作成技術を有していること
    ・ソフトウェア開発または、ハードウェア開発の基本的な知識・技術を少なくともチームメンバー1名が有していること
    基本的なレベルの例
    RaspberryPiをベースにした簡単なセンサデバイスを作ったことがある、任意のプログラミング言語を使用しコーデンィングが出来るなど。 判断が難しい場合は事務局にお問い合わせ下さい。
    ・ノートPCを持参できること(OSは問いません)
    ・15歳以上の方(未成年の方は、保護者の同意が必要です)

メンター陣

ゲーム・エンターテイメントとITやハードウェアを繋げ、新たな価値創出に取り組むビジネスプロデューサー。

ITビジネスと介護分野の両方に精通。介護分野でのサービス開発において、さまざまな視点からビジネスポイントをアドバイス。

大手企業の数々のロボット開発を成功に導く、サービスロボット開発のエキスパート。

元吉本興業執行役員。お笑いの世界で培った「伝える」ノウハウをもとに、「いかに価値を伝えるか」についてアドバイス。

世界初オープンワールドゲーム「シェンムー」のメインプログラマー。 ユーザー視点のサービス・プロデュースを得意とする。

テクノロジービジネスが対象となるけいはんなATRファンドの投資担当・ベンチャーキャピタリスト。

データ分析・解析のスペシャリスト。IoTサービスに必要なデータ解析について、ポイントをアドバイス。

デアゴスティーニ社Robi(ロビ)、村田製作所チアリーディング部、シャープRoBoHoN(ロボホン)の開発にも関わる。

ベンチャーキャピタリストとして20年以上の活動経験を有し、多数の投資先エグジット実績を持つ。

金融システムからIoT技術、通信決済など幅広い分野に精通。新たなアイデアでビジネスのポイントをアドバイス。

株式会社国際電気通信基礎技術研究所においてロボットの基礎研究を主導。ロボット技術の実用化にノウハウをもつ。

製品開発のためのプロジェクトマネジメントを担当。

問い合わせ・エントリー